TOP >  立ち回り > 

2018.01.11

パチンコ台 回る台は普段と違うかどうかで判断しよう

こんばんは、Y氏です。

2017年のパチンコ収支は大体100万前後でした。
回る台を探しまくって、ひたすら打っていただけなんですが、どの辺りに注意したか、ちょいちょい書いていこうと思います。

2017年の収支記録はこちら
2017年(1~12月)パチンコ・パチスロ合計収支

普段より空いている台を打とう

釘を見るポイントの代表はヘソ風車周りが重要なのは、有名ですよね。

ヘソ:入ると1回転する重要な場所
風車周り:ヘソに向かう前の風車

その他も道釘など色々あるんですが、まずはその二点に絞って見ていったほうが良いと思います。
というか、そこだけ見てれば大体大丈夫です。

ただ、その二点が良いから他の台より回るかというと、そうではない場合が多いです。
寝かせ、台のクセ、台の汚れ、他の釘調整などなど。。

これらをすべて確認することは難しいです。

なので、とりあえず一番簡単なのは前回よりも良いかどうか、です。

例えば、昨日16回転だった台のヘソが少し開いていたら、大体16以上は回ります。
一つ一つの機種、同じ機種でも台の調整具合を把握しておき、普段との違和感を感じて打ってみると回ったりします

もちろん、調整をまったくする気がない店もあると思いますが、必ずどこかに調整している店はあります
その店を見つけ、台の調整を把握し、良さそうなら打ってみる。ダメだったらやめる。

を繰り返すことで、良い台に巡り合う確率はグッとあがります。

なので、「普段の釘を把握する→いつもより開いている台を打つ」ということを覚えておくと良いです。

それを実践するには、いろんな店を見て回る、ということが必須になってくるかなーと思います。

↓ブログ村に参加させて頂いております、宜しければクリックのご協力をお願いします!
化物語 八九寺真宵
最新記事はこちら
機種一覧ページはこちら

コメントを残す





ANZXLO