TOP >  パチンコ攻略 >  ,

2016.09.12

甘デジ 織田信奈の野望GL ボーダー・止め打ち・朝一ランプ 完全まとめ

織田信奈の野望 筐体

メーカー:©西陣
導入日:2016年7月19日~

甘デジ「CR織田信奈の野望」の攻略まとめ記事です。

甘デジの中でもボーダーは辛めとなってますが、そこそこ打っていたので記事にさせて頂きました。

もし打てる機会があったら参考になればと思います!

それでは、よろしくお願いします。

目次:(タップで該当箇所へ)

スペック

ヘソ返し:4個
電チュー返し:2個
ヘソで8個保留可能

大当たり確率 1/89.9→1/60.7
賞球数 4&2&6&10
ST突入率 100%(50回転まで)
時短 0 or 50回
平均連荘率 2.3連
潜伏確変 あり(出玉有り)
大当たり出玉 【右アタッカー(8C×10玉)】
約1150個(16R)
約360個(5R)
大当たり振り分け 【ヘソ入賞時】
16R確変(50回) 10%
5R確変(50回) 80%
5R確変(0回) 10%
【電チュー入賞時】
16R確変(50回) 20%
4R確変(50回) 80%

朝一ランプ・潜伏ランプ

小当たりなし、大当たり後50回までST確定。
時短なしでも50回転までは回そう。

ボーダーライン

1000円あたりのボーダーライン
交換率 表記出玉 5%減
2.5 24.3 25.6
3 23.1 24.3
3.33 22.6 23.8
3.57 22.2 23.4
等価 21.6 22.7

オーバー入賞・止め打ち・捻り打ち

〇解放パターン(3パターン)

織田信奈の野望 ランプ

・右点灯:S→S→S(3解放)
・左右点灯:L→L(2解放)
・その他:ハズレ

※S=ショート、L=ロング
6個入賞で1セット強制終了

〇止め打ち手順(初級)
・三回開放時
1.2回目の開放が閉じる or 4個目が入賞したら停止。
2.3回目の開放が閉じる or 6個目が入賞したら打ち出し開始。

・二回開放時
1.2回目の開放が開いて一拍置く or 4個目が入賞したら停止。
2.2回目の開放が閉じる or 6個目が入賞したら打ち出し開始。

〇止め打ち手順(上級) ←オススメ!

1.ランプが動き出すと同時に一発打ち出し(共通)

その後、ランプに応じて以下の打ち方にする

・三回開放時(右消灯)
1.1回目の開放が閉まる少し前に2発
2.2回目の開放が閉まる少し前に2発

・二回開放時(左右消灯)
1.左右両点灯を確認した瞬間に二発
2.1回目の開放が閉まる少し前に3 or 4発

・ハズレ時(その他)

共通部分のみ行う

〇止め打ち1ポイントアドバイス
釘や寝かせによって打つタイミングを調節してみて下さい。

初級は書いてある通りです。

上級に関して、1セット開始時ほんとは2発打ちが良いのですが、ハズレ抽選がそこそこ大きく、二発損する形になってしまうので単発の方が得だと思います。
また、スルーが厳しい場合は3解放時に2発→3発→2発のような形でもギリギリですが入るので、うまく調整してみて下さい。

ただ、6発入れると強制終了になるのでその点だけ注意が必要。序盤に5発とかうまく入りすぎたら止めるのが最善かと思われます。

〇大当たりラウンド中の捻り&止め打ち
・打ちっぱなしでOK

※オーバー入賞がかなりしずらい + こぼれても釘によっては一般入賞に入りやすいため

右チェックポイント

odanobuna-migi-kugi

一般入賞口は6個戻し。可能性としては薄いですが、入りやすい場合はアタッカー直前のこぼしが辛めでも問題なし。
電チュー返しが2個なので、ちょっとでもマイナス調整だと玉増やしが厳しくなりがち。

総評・実践報告

89.9分の1と、比較的当たりやすい上にヘソが4個返しなので遊びやすいスペックになっているかなと思います。

ただ、4個返しとはいえボーダーがちょい辛めなのでヘソがかなり重要となってくると思います。寄りはもともと優秀ですねー。

私自身実践を行いました。
右打ちに関してはマイナス調整ほぼなしの状態で打って、50回転30発くらい増やす事が出来ました。

ただ、大当たり中オーバー入賞がほとんど発生しない+アタッカー直前の釘が悪かったので大当たり中玉が削られていました。。
その結果、ボーダーダウンはあまり出来ませんでした。

右打ちっぱなしだと玉はかなり減るので、それを考慮したヘソ調整なら打てる可能性がある台かな?と思います。

あとは16Rの引き次第ですね~、20%を引けるかどうか。

右打ちでそこそこ差が開く台だと思います。

↓ブログ村に参加させて頂いております、宜しければクリックのご協力をお願いします!
化物語 八九寺真宵
最新記事はこちら
機種一覧ページはこちら

コメントを残す





ANZXLO