TOP >  パチンコ攻略 >  ,

2017.05.31

CR GoGoピラミッド 2000(ハネモノ) スペック・ボーダー・釘読み

CR GoGoピラミッド2000(ハネモノ)まとめページへ

メーカー:©A-gon
導入日:2017年03月06日~

CR GoGoピラミッド 2000(1/48)のボーダー・スペック攻略記事です。

ボーダーは等価で6程度で、ヘソが3個返しの電チュー4個。

それでは、よろしくお願いします。

目次:(タップで該当箇所へ)

スペック

ヘソ返し:3個
電チュー返し:4個

大当たり確率 1/48
賞球数 3&4&15
大当たり出玉 【右上アタッカー(9C×15玉)】
約1000個(8R)
大当たり振り分け 【大当たり時】
約1000個(実質8R) 100%

ボーダーライン

1000円あたりのボーダーライン
交換率 持ち玉0% 持ち玉60% 持ち玉80%
3 8 6.8 6.4
3.3 7.2 6.5 6.2
3.57 6.7 6.3 6.1
等価 6

大当たり中のこぼしなしのみを考慮したボーダーとなります。

大当たりまでの流れ

CR GOGOピラミッド 釘読み

①3箇所あるヘソに入ると、上の真ん中のハネが4回解放
②ハネに入った後、一番下まで行けば大当たり
③右上アタッカーに玉を入れ込む

感想

1000の方でも紹介しましたが、本記事は2000の方です。

出玉が違うけど大当たり確率は同じ。何が違うのか?
それは、中央ハネ左右の釘が7本に対して、2000の方は6本です。

それにより、左右のスタートアタッカーに入りずらい、という違いがあるみたいです。

ハネモノは大当たり確率は台によってブレるので、
ホールデータを見て判断した方が良いですね。

以上、CR GoGoピラミッド2000(ハネモノ)のスペック・ボーダー記事でした。

↓ブログ村に参加させて頂いております、宜しければクリックのご協力をお願いします!
化物語 八九寺真宵
最新記事はこちら
機種一覧ページはこちら

コメントを残す





ANZXLO